運動後に化粧水をつけるべき?運動後の肌ケアを怠るとニキビの原因に?




男性ならば身体を動かす習慣が多く、大学でも運動サークルに所属している人も多いでしょう。

ただ、運動は好きだけど気になるのは肌トラブルです。

テニスやサッカーといったアウトドアスポーツをする人にとって、汗だけでなく紫外線による日焼けによって肌にダメージを受けてニキビが増えてしまうことも・・・。

肌を綺麗に保つことを考えるのであれば、実は運動する前よりも後のほうが効果的なのです。

なぜ運動する後の方が効果的であるのかわからない方も多いと思いますので、今回はその点について紹介していきましょう。

運動前の洗顔は分泌された皮脂を洗い落とす

学校に通っている人や社会人の大半は夕方や夜中にかけて運動をするのが一般的です。

そこで、夕方や夜中に運動をすることを考えると、運動前というのは1日生活している中で自然と皮脂が分泌されていますので、運動する前に洗顔をするメリットとして分泌された皮脂を洗い落とすことが挙げられます。

皮脂はニキビ菌を増殖させる

皮脂というのは全てが悪いと捉えがちですが、本来肌の潤いを保つために必要な機能なのです。

しかし、運動をすることによって汗と皮脂が混ざりあい、ニキビの原因菌であるアクネ菌を増殖させてしまうことになります。

それに加えて紫外線もプラスして日焼けしてしまうとなれば、肌がやけどを負っている状態なので免疫力が低下してニキビも増えやすくなる環境になってしまうのです。

運動前は化粧水での肌の保湿と日焼け止めがポイント!

運動を行う前に洗顔するメリットは、皮脂を洗い落として清潔な状態にすることで運動中の肌環境悪化を防ぐということです。

洗顔した後というのは肌が乾燥しやすいので、皮脂の過剰分泌を防ぐために化粧水などで保湿をしっかりと行いましょう

また、日焼けしないように男性だからと油断せずに日焼け止めクリームをしっかりと塗って対策をしていくのもベストな行動です。

運動後の洗顔は肌環境を整える

運動をしていると、どうしても汗をかいてしまいますのでそれを放置していると皮脂と汗が混ざり合い、ニキビができやすい状態になります。

アクネ菌にとって汗と皮脂は大好物なので、繁殖をさせる場を提供しているのと同じことが言えるでしょう。

つまり運動後の洗顔は、肌環境の悪化を防いでアクネ菌の繁殖を抑えるというメリットがあるのです。

また、運動後にクレンジングを行うことで皮脂や汚れを浮かし、より洗顔の効果が高まりますので可能であればクレンジングも行なっておくと良いでしょう。

洗顔のタイミングは運動が終わった直後!

運動後の洗顔で最適なタイミングというのは運動が終わった直後です。

正確には汗をかかなくなった状態の時がベストタイミングなのですが、汗と皮脂を分泌させている状態でいればいるほどニキビになるリスクを高めてしまうことはこれまでの説明を見ていればすぐにピンとくるでしょう。

であれば、運動後洗顔するのが一番だということも理解することができます。

ただし、洗顔料を使って洗うのを他人に見られるのが恥ずかしいという人もいると思いますので、その時は水で洗い流すだけでも十分です。

紫外線によってやけどの状態を抑える面でも、ある程度の汗や皮脂を洗い落とすという面でも優れています。

運動後の洗顔が最高のタイミング!

洗顔をするのは運動前と後、どちらが最適なタイミングかと考えると、メリットが大きいのは洗顔後だと言えます。

運動前の洗顔は汗をかくまえの汚れを落とすことしかできないのに対し、運動後は汗や皮脂等の汚れをまとめて洗い落とすことができるからです。

両者とも肌の保湿はしっかりと行う必要がありますが、その後の肌の清潔さが続くのは間違いなく運動後なので、しっかりとスキンケアを行っていけるように覚えておきましょう。

運動後は化粧水も忘れずに!

洗顔をするタイミングは運動をする前よりも運動をした後がベストだということを理解していただけたかと思います。

運動をすると心身ともにスッキリしてやる気を高めてくれますので、十分に打ち込むために肌の環境を整えることを念頭に入れて運動後は肌ケアを行うようにしましょう。

また、洗顔後は肌の皮脂が落ちきってしまい、肌が乾燥しやすくなっていますので運動後は化粧水も使い肌の潤いを保つことを忘れないようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします。

Twitter で




記事が気に入ったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT当ブログ運営者

ko-ta

某大学に通いながら、長期インターンをやっている意識高い系大学生です。 周りと差をつけたい思いと、将来好きな仕事で食べていきたい思いで一生懸命生きています(笑) 最近は大学生の「遊ぶ」って概念がよくわかりませんww