ストレスが及ぼす肌への影響!あなたは知っていますか?




「自分の肌質を理解してスキンケアに気をつかっているのにニキビが治らない」「毛穴は開いたまま…」といった悩みを抱えていませんか?

肌に悩みを抱えていると、鏡を見るだけでストレスになりますよね。

きちんとスキンケアしているのに治らない肌荒れは、もしかしたらストレスが原因かもしれません。

ストレスと肌荒れにはどんな関係があるのか、一緒に見ていきましょう。

ストレスと生活習慣が肌荒れに関係する理由

ストレスと肌荒れには活性酸素が大きく関係していると言われています。

活性酸素とは、細菌等から体を守る為に体内から作り出される物質ですが、過剰分泌されると体内の細胞を酸化させる毒になってしまう特徴があります。

その過剰分泌になる原因の1つが、ストレスによる全身の血行不良です。

血行不良になると酸素、栄養素がうまく体内に循環できなくなってしまいます。

そして活性酸素で体が酸化してしまい、色んな臓器の老化肌荒れといった現象が起こってしまうのです。

また、ストレスを継続的に感じる事で自律神経が乱れてしまい、肌荒れが起こるという事もあります。

自律神経が乱れるとホルモンバランスが崩れてしまい男性ホルモンが増え、皮脂が異常に増えてしまいます

この異常に多く分泌された皮脂によって毛穴が詰まり、肌荒れに繋がってしまうのです。

自律神経の乱れは、その他にも体の免疫力が低下する事で胃腸の調子が悪くなり、肌が荒れてしまうといった事もあります。

ストレスを継続的に感じるようになってから胃腸の調子が悪くなったという事はありませんか?

胃腸は食べ物を消化するというだけではなく、吸収した食べ物からビタミンを生成するという役目も担っています。

自律神経が乱れる事でこの働きがうまくできなくなり、肌荒れの原因になってしまう事も。

ストレスを溜めると、体内でこのような現象が起こり肌荒れしてしまうのです。

では、どうすればストレスを溜めず、肌荒れとさよならできるのでしょうか?

実は、生活習慣を変える事で改善する事ができます。

具体的にどう変えればいいのか方法を紹介します。

運動を取り入れる

運動は体内の血行が良化される最適な方法です。

運動する事で血管が拡張され、体内の老廃物の排出を促進したり、体や肌に必要な酸素や栄養素がうまく行き届いたりするようになります。

体に必要な成分が循環する事で、新陳代謝が活発になり、肌荒れ予防になるのです。

ニキビや毛穴のつまり、乾燥など肌質によって様々な肌荒れの悩みがありますが、新陳代謝が活発になると、肌荒れは改善されると言われています。

また、運動はストレス緩和にも効果的です。

運動するとスッキリしませんか?

運動に没頭するので、いい気分転換になっているからです。

気持ちも前向きになり、精神面にもいい影響を及ぼす事で男性ホルモンの過剰分泌を抑え、ホルモンバランスを整わせる効果もあります。

 

さらに運動は、腸内環境を改善させる効果もありますので、便秘や下痢といったお腹の不調を和らげる事も期待されています。

体内の老廃物の7割は便で排出されると言われていますので、腸内環境を整えて綺麗な便を出すのはとても大事なのです。

腸内環境が整うと、美肌に近づける可能性が一気に増えますよ。

特におすすめの運動は、体に負担がかかりすぎない有酸素運動です。

有酸素といえばウォーキングが有名ですね。

ウォーキングといえば、毎日朝早く起きてウォーキング専用のジャージを着て30分以上歩いて…そんな時間なんてない!と思う方もいるかもしれません。

そこまで深く考えるとストレスになってしまうので、出来る範囲内で大丈夫です。

朝まとまった時間がとりにくいのであれば、通勤時に1駅分歩いてみるだけで運動量はかなり変わります。

頭もスッキリするので、一石二鳥ではないでしょうか。

雨が降っていて歩けない日には、自宅で筋トレをしてもいいですね。

負担がかからない程度に目標を決めて続ける事で、体内は徐々に変化し、肌荒れも改善される可能性大です。

睡眠をきちんととろう

睡眠も肌荒れと密接な関係があります。

私たちの体内は睡眠中に成長ホルモンが分泌され、ダメージを受けた肌の修復新しい肌の生成を行います。

ただ、睡眠時間が5時間以下になってしまうと、このホルモンがうまく分泌されなくなり、肌荒れに繋がります。

そして睡眠不足によりストレスが溜まりやすくなり、活性酸素が増えてさらに肌荒れするといった悪循環が生まれやすくなります。

一般的に体を休める為には1日に6~8時間の睡眠が必要と言われていますので、6~8時間くらいの睡眠時間を確保してみてはどうでしょうか。

また、よく肌の為には22時~2時の肌のゴールデンタイムに就寝するといいという事を聞いた事はありませんか?

この22時~2時の間に最も成長ホルモンが分泌されやすくなると言われていますので、肌荒れで悩んでいる方は、肌のゴールデンタイムにあわせて就寝すると成長ホルモンの効果が期待できます。

また、成長ホルモンが分泌される事によって、美肌への近道だけでなく、体の免疫力の向上にも繋がるので、風邪等の予防にもなります。

時間をうまく調整して肌のゴールデンタイムに睡眠をとるようになると肌の調子が改善する事も。

残業で遅くなり、毎日その時間に就寝するのは難しいという方は、早く帰れる日や休日に肌のゴールデンタイムに寝るようにしてみるのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

思い当たる事はありましたか?「自分自身はストレスを感じにくい」と思っているかもしれません。

でも、人間はストレスに弱い生物なので、仕事やプライベートで嫌な思いや怒ったりすると必ずストレスを感じます。

仕事の都合で不規則な生活習慣になってしまい、ストレスが溜まりやすくなっている方もいると思います。

生活習慣を一気に変えると全ての時間のスケジュールを変更しないといけなくなりますので、反対にストレスが溜まってしまいます。

運動の時間が全くないという方は睡眠を意識してみたり、反対にゴールデンタイムに就寝できるけど運動の習慣がないといった方は運動量を増やしたりすると、肌にいい影響を与える事ができます。

肌荒れでストレスを溜めない為に、少しずつ生活習慣を見直してみてはどうでしょうか。

肌荒れが治り美肌に近づくと、人の目も気にならなくなりますし、鏡で自分の肌を見るのが楽しくなりますよ。

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします。

Twitter で




記事が気に入ったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT当ブログ運営者

ko-ta

某大学に通いながら、長期インターンをやっている意識高い系大学生です。 周りと差をつけたい思いと、将来好きな仕事で食べていきたい思いで一生懸命生きています(笑) 最近は大学生の「遊ぶ」って概念がよくわかりませんww