メンズ洗顔料おすすめ8選【肌のタイプ別人気商品】




あなたが使っている洗顔料は、間違いなくあなたに合った洗顔料だと言える自信はありますか?

何となく洗顔料を選んでいるというメンズは要注意!その「何となく」の選び方が、ニキビや乾燥肌などあなたの肌トラブルを引き起こしている原因かも。

正しいメンズ洗顔料を選んでしっかり肌荒れを予防することで、あなたも印象の良い魅力的なモテ肌を実現してください!

今回は、メンズ洗顔料の選び方のポイントとおすすめのメンズ洗顔料をご紹介します。

スキンケアの基本である洗顔の本当の目的は?

洗顔は、清潔で健康的な肌を保つために欠かせないスキンケアの基本中の基本です。普段当たり前に行っている洗顔ですが、その目的を再認識しましょう。

毎日行う洗顔の目的はずばり2つ!

それは不要な汚れを落とすこと」「皮膚を正常な状態に保つこと」

不要な汚れを落とす

洗顔の1つ目の目的はやはり肌に付着してしまっている皮脂や汚れ(汗・ホコリ)をしっかり落とすことです。

肌に付着してしまった皮脂や汚れをそのまま放置していると、雑菌が繁殖して皮脂が酸化してしまうことになります。
また化粧水などの美容成分が肌に浸透しにくくなり、美容効果も半減してしまいます。
そして、それがニキビや肌荒れなど肌トラブルの理由です。

日々の洗顔でしっかりニキビ菌を殺菌することが大事です。

また、洗顔後のお手入れとして使う化粧水にも影響しています。肌に汚れがあったままでは、せっかくの化粧水も角質層の細胞まで浸透しにくくなるのです。

毎日の洗顔で汚れをしっかりと落とし、肌を常に清潔に保ってあげる必要があります。

肌を正常な状態に保つ

もう1つの洗顔の目的は、肌を正常な状態に保つこと

化粧水や乳液、その他スキンケアアイテムの役割だと思っているメンズも多いかと思いますが、洗顔にも肌を正常な状態に保つ役割があるのです。

では、正常な状態の肌とはどういった状態の肌か?それは「必要な皮脂膜が肌を覆っている状態」

肌には肌の保湿バリア機能をしてくれている必要な皮脂も存在し、それが皮脂膜として肌を正常な状態に保ってくれています。

もし、洗浄力の強過ぎる洗顔料を使用したり、過度な洗顔や間違った洗顔方法を行っていたりすると必要な油分まで根こそぎ落としきってしまいます。
皮脂を落としすぎると逆に体は余分に皮脂を分泌しようとするのでオイリー肌(テカリ)の原因になります。

そして、肌の水分が蒸発して失われ、乾燥や肌荒れ、などのトラブルを引き起こしてしまいます。

つまり、不要な汚れを落とすと同時に必要な皮脂は落とさないことも洗顔には大切なのです。

 

メンズ洗顔料の選び方のポイント

メンズの洗顔料の選び方といっても使用感や価格など、選び方のポイントは様々です。

ここではメンズ洗顔料の選び方の3つのポイントを紹介します。

あなたに合った選び方を見つけてください!

石鹸タイプかフォームタイプか

洗顔料は形状によって使用感の良さや特徴が大きく違います。大きく分けて石鹸フォームタイプの2つ。

「石鹸タイプ」は、強過ぎない洗浄力で肌への刺激も少なくすべての肌タイプの男性に合います。

「天然の界面活性剤」で作られているから、肌に優しく敏感肌の男性には特にオススメ!

「フォームタイプ」はさっぱりとした洗いあがりでしっかりした洗浄力が特徴です。
またフォームタイプは持ち運びも手軽なので出張など利用シーンに合わせることができるのでそういった方には非常に便利です。

ただフォームタイプは刺激が強い洗顔料も多く、敏感肌や乾燥肌の男性の場合は、商品によっては炎症の原因になってしまうことがあるから注意が必要です。

使用感は泡立てる手間が少ない泡タイプのものなど、様々な種類があることで選び方に幅があり、自分に合った使用感のものを選びやすいというメリットがあります。

価格帯を決める

洗顔料といっても、1000円以下のものから3000円以上のものまで選び方は様々。

1000円以下の市販の薬局などで販売されている洗顔料は洗浄力が強過ぎてお肌に負担をかける成分(合成界面活性剤や防腐剤など)を過剰に含んでいることも多いから選び方には要注意が必要。

どうしてもこの1000円以下のものを選ぶという場合は、無添加など成分をしっかりチェックすることが重要な選び方です。

逆に価格が高いブランドの洗顔料は、やはりそれだけ厳選された成分やこだわりを含んでいてお肌により良い効果を期待できるといえるでしょう。

ただ、1度購入するぐらいなら多少高くても大丈夫という選び方は大間違い!継続して使用しなければ、あなたのお肌に合う洗顔料かどうかは判断ができません。

1度きりでなく、継続して使い続けることができる価格の洗顔料をお財布と相談しながら選ぶといいでしょう。

肌の悩み別で選ぶ

形状と価格帯の選び方が決まれば、最後のポイントは現状の肌の悩みから選ぶことを重視しましょう。

カサカサ乾燥肌に悩んでいるメンズは、「保湿成分を多く含んだもの」

敏感肌に悩んでいるメンズは、「無添加など肌に優しい成分のもの」

このように、あなたの悩みに合わせてどういった成分があなたの悩みを改善してくれるのかをしっかり理解して、あなたにぴったりの愛用洗顔料を選びましょう。

 

タイプ別!オススメのメンズ洗顔料

お待たせしました!では、タイプ別のオススメのメンズ洗顔料を紹介します。
コンビニや薬局で気軽に購入できるものもピックアップしております。

洗顔の本当の目的である「不要な汚れを落とすこと」「肌を正常な状態に保つこと」ができ、先に挙げた3つの選び方のポイントを踏まえた、口コミ・評価(レビュー)の良いオススメの洗顔料はこちら!

普通肌のメンズにオススメの洗顔料4選


牛乳石けん 赤箱

リンク先:amazon
価格:¥420 (税込み)
内容量:100g
形状:固形石鹸

石鹸タイプでできるだけ安い値段の洗顔料が欲しい、というメンズにはこれがベスト!

「天然の界面活性剤」で作られている石鹸タイプで、洗顔後のさっぱりした爽快感がありつつも乾燥したような肌のつっぱりはなく、すべてのメンズにオススメできる洗顔料なので乾燥対策もバッチリ!

うるおいを守るミルク成分とスクワラン配合で、すべすべな爽やか美肌に洗い上げてくれます。

洗顔ネットを使って泡立てると、簡単に濃密なしっとりの泡を作ることができます。
あとドラッグストアやコンビニでも売っているので、すぐ購入できるのもこの商品の特徴です。


カウブランド 無添加うるおい洗顔

リンク先:amazon
価格:¥1,100 (税込み)
内容量:110g
形状:チューブ

低価格のフォームタイプの洗顔料なら、コスパの高いカウブランドの無添加うるおい洗顔を選ぶと良いでしょう。

保湿成分であるセラミド配合だから、肌に潤いを与えてくれます。

無添加 (着色料・香料・パラベンなどの防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコール)の成分で、肌へのダメージもしっかり防いでくれます。


資生堂メン クレンジングフォーム

リンク先:amazon
価格:¥2,700 (税込み)
内容量:130g
形状:チューブ

多少価格が高くなってもいいからより良い洗顔料を選びたい!というメンズは、化粧品メーカーでもある資生堂のメンズ専用商品、資生堂メンのクレンジングフォーム。

汗や皮脂に汚れを確実に取り除いてくれる洗顔料で、肌表面の不要な古い角層やベタつきもすっきり取り除いてくれます。

洗顔後は、必要な皮脂である適度なうるおいを残してくれてさっぱりとクリアな肌に!

シェービングフォームとして使うことも可能な優れもので、きめ細かい泡立ちのおかげでシェーバーの刃でも肌を傷つけません。


アラミス LABシリーズ マルチアクションフェースウォッシュ

リンク先:amazon
価格:現在在庫切れです。
内容量:93g

価格なんて気にしないから、とにかく最高のメンズ洗顔料を使いたいという意識の高いメンズにはこれ!

スクラブが入っており、豊かな泡立ちですっきりと確実に肌表面の黒ずみを落とし、自然に明るく透明感のある肌を保ってくれます

また、肌あれ防止効果があるビタミンE、パンテノール配合で健康的な肌を保つための成分が豊富に使われています。

価格の高さに比例して、本当に優れたメンズ専用の洗顔料。

乾燥肌のメンズにオススメの洗顔料2選


メンズソープ BUSO

リンク先:amazon
価格:¥2,808 (税込み)
内容量:118g
形状:固形石鹸

保湿しながらキッチリ洗浄できる洗顔料としてオススメなのが、メンズソープ BUSO!

コラーゲンペプチドやヒアルロン酸など、保湿に優れた成分がたくさん使用されているから、洗顔後の乾燥の心配は必要無し。

しっかり泡立てて洗顔することで、表面の汚れはもちろん毛穴の奥の汚れも吸着・排出し、肌をキレイな状態に保ってくれます。

1個に1つ専用の泡立てネットがついてくるところも嬉しいポイントです。


花王ホワイト ホワイトフローラルの香り

リンク先:amazon
価格:¥276 (税込み)
商品重量:572g
形状:固形石鹸

せっけんだけど、きめ細かでのびの良いクリームのような泡を作ることができるせっけんです。

100%天然植物原料だから、不要な汚れだけをやさしく洗い落としてくれます。

乾燥肌の原因である、強過ぎる洗浄力で必要な皮脂まで落とす心配もありません。また、保湿成分である天然由来スクワラン配合だから洗顔後もしっとりとした洗いあがりです!
是非実感してみてください。

 

敏感肌のメンズにオススメの洗顔料2選


アレッポの石鹸<ノーマル>

リンク先:amazon
価格:¥975 (税込み)
内容量:400g
形状:固形石鹸

オリーブとローレルの実を絞ったオイルから作られているアレッポの石鹸。香料や起泡剤、保存料などの添加物は一切不使用の完全無添加が最大の特徴。

完全無添加で開発されているから、刺激が少なく肌に必要な皮脂まで取りすぎることはありません。

洗顔後もしっかりとしたうるおいを残してくれるから、乾燥肌と敏感肌の混合肌の方にも安心して使用できるので是非お試しください。

泡立ちはあまりよくないことと、香りにクセがあることがマイナスポイントとして挙げられますが、これも自然で作られた完全無添加である証拠です。


無添加米ぬか洗顔フォーム

リンク先:amazon
価格:¥968 (税込み)
形状:チューブ

敏感肌には基本的には石鹸タイプがオススメですが、どうしてもフォームタイプを使いたいというメンズにはこれ!

植物性100%の洗浄基材のパームヤシからつくられたているから、洗い過ぎや肌への刺激も心配ありません。

米ぬかから抽出したコメヌカエキス配合で、敏感なお肌をやさしくすべすべに洗い上げてくれます。

香料・鉱物油・防腐剤・着色料・表示指定成分は無添加なので敏感肌に最適な商品です。

 

洗顔料の選び方と同じぐらい洗顔方法も重要

せっかく自分に合った洗顔料の選び方が分かっても、間違った洗顔方法を行っていては台無しです。

特にメンズはゴシゴシとワイルドに洗顔していたり、間違った洗顔方法を実践したりしています。

こういった間違った洗顔方法は必要な皮脂まで取り除いてしまう原因になりかねません。

最後に正しい洗顔方法を紹介します。

今日からでも、正しい洗顔方法で不要な汚れを落とし、肌を正常な状態に保ちましょう!

乾燥やニキビなどの肌トラブルを起こさない正しい洗顔方法

まず洗顔のタイミングについてですが、洗顔はすればするほどキレイになるわけではありません。
1日に何度も洗顔してしまうと上記でお伝えしたように必要な皮脂が失われ、肌トラブルの原因になってしまいます。

なので夜に洗顔料で洗う、朝にぬるま湯(温度は30〜35℃)だけで洗う、というように1日2回の洗顔を行いましょう。
習慣化するまで最初は面倒かと思いますが、しっかり毎日することが大切です。

1.泡立てネットでキメの細かい泡を作る

まず熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗ったら、キメの細かい泡を作りましょう。

キメの細かい弾力のある泡を作ることで、手では落とせない毛穴の奥の汚れも落とすことができます。

さらにしっかり泡立てることで、手指の摩擦の刺激から肌を守ってくれます。

 

2.肌に手が触れないように泡で優しく洗う

肌は摩擦に弱いため、手で直接擦るような行為はNG。

手ではなく、泡で円を描くようにおでこから鼻にかけてのTゾーンから顎からほっぺにかけてのUゾーンを優しく洗いましょう。

 

3.ぬるま湯で丁寧にすすぐ

顔全体に泡を付け終わったら、1分以内に優しくぬるま湯ですすぎましょう。

洗い残しで肌に洗顔料が残ってしまうことは、汚れを肌に残すことと同じ影響を及ぼします。

どれだけ優れた洗顔料を使っていても、洗い残しがあればニキビや肌荒れの原因になってしまう可能性もあります。

なのでしっかり十分に洗い落としてください。

4.優しく拭き取る

洗う時と同じで、できるだけ摩擦を起こさないようタオルを当てるように優しく拭き取りましょう。

強くこすってしまうと、角質層が剥がれて肌のバリア機能が低下し、肌荒れの原因となってしまいます。

 

まとめ


基本的な洗顔方法でしたが、あなたはいかがだったでしょうか?
時間がなくても毎日確実に行う洗顔はスキンケアの基本中の基本です。無理な美肌対策を考える前にまずは基本的なことをしっかりとやっていくことが理想の美肌への近道!

今まで乾燥や思春期ニキビ、大人ニキビなど様々なトラブルに悩まされていた人も、今回紹介したメンズ洗顔料の選び方で健康的で正常な肌を常に保つための参考にしてください。

あなたに合った洗顔料を選んで、肌トラブルを解決して無い綺麗な肌を手に入れましょう。

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします。

Twitter で




記事が気に入ったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT当ブログ運営者

ko-ta

某大学に通いながら、長期インターンをやっている意識高い系大学生です。 周りと差をつけたい思いと、将来好きな仕事で食べていきたい思いで一生懸命生きています(笑) 最近は大学生の「遊ぶ」って概念がよくわかりませんww