男は水洗顔の方がいい?肌に最適な洗顔方法とは




「洗顔料を使っているのになかなか顔が綺麗にならない」「それどころかむしろ悪化している」そんな悩みを抱えている男性は一度洗顔料の使用を止めて、水洗顔を試してみることをオススメします。

「水だけで洗顔すると言われたところで、なかなか落ちないしつこい汚れや脂がすべて洗浄できるわけがない」「ニキビも治るわけがない」と思うかもしれませんが、実際には違います。

水洗顔を始め、綺麗で健康的な肌を取り戻しませんか?

男の肌にとって最適な水洗顔とは?

水洗顔は多くの女優さんやモデルの人たちも実践している洗顔方法になります。水洗顔を実践してみたところ「肌荒れが改善した」「肌が乾燥しづらくなった」などの声を多く聞くことができます。

一体なぜ、水洗顔は男の肌質の改善に効果を発揮するのでしょう?

女性に限らず、男の肌は非常にデリケートに出来ています。男が間違った洗顔料や洗顔方法を実践すると、かえって男の肌にダメージを蓄積させてしまい、男の肌質を悪化させかねません。

その点、洗顔料に頼らない水洗顔は肌の洗いすぎを防ぎ、男の肌が本来持っている美しさを取り戻せる洗顔のやり方になります。

洗顔を怠るとどうなるか?

忙しい朝や仕事で疲れた夜など、つい顔を洗うことが面倒になってしまい、そのまま放置してしまったことはありませんか?

男の肌は、一見するとそれほど汚れていなさそうな顔であっても、実は皮脂と呼ばれる油分が大量に残っているものです。この皮脂を洗い落とさずに放置すると雑菌が繁殖し、過酸化油脂と呼ばれる刺激物質が男の肌の表面上に産出されます。

この過酸化油脂が毛穴の拡張を引き起こし男の肌の老化を促進、果てはニキビの原因にもなります。

 

洗顔の目的

 

洗顔はこのニキビの原因ともなる過酸化油脂を皮脂の段階で洗い落し、男の肌の老化を防ぐ効果があります。

ただ、一見すると男の肌の天敵にも思える皮脂ですが、実は皮膚の乾燥を防ぎ、皮膚に潤いを持たせるなど、様々な恩恵をもたらしてくれる産物でもあります。

皮脂はニキビの原因になる一方で、男の乾燥肌や肌荒れを防ぐという、メリットとデメリット両方を兼ね備えた存在です。それだけに、いくらニキビが嫌だからといって全ての皮脂を洗い落とすわけにはいきません。

 

水洗顔の特徴 

水洗顔とは、男の顔や肌を守る上で必要な皮脂を適度に残しつつ、ニキビの原因になりそうな過剰な皮脂を洗い落とす、加減の効いた洗顔方法になります。

「毎日しっかり洗顔料を使っているのに肌が荒れる」「乾燥肌になる」などの悩みを持つ男性は、洗顔のし過ぎが肌荒れを引き起こしている可能性があります。

その場合、現在の洗顔方法のままだと一向に肌荒れは改善しないため、一度使用を止め、肌質に見合った洗顔方法、例えば水洗顔に切り替えてみることをオススメします。

そもそも男の肌は、意味もなく皮脂を産出しているわけではありません。皮脂には皮脂の身体を守るための役割があります。

皮脂の役割

皮脂が顔を覆っていると、皮膚から水分が蒸発して逃げないように蓋をする役目を果たすことができます。つまり、肌が乾燥しないように、水分を保てるのです。

さらに肌が荒れないように角質が剥がれることを防ぎ、男の肌質に潤いを与え、若々しい状態に保ってくれます。

これに加え、肌を弱酸性に保つことで殺菌作用が働きますので、雑菌の繁殖を未然に防ぐといった効果まであります。

このように男の肌質を綺麗にしてくれる様々な効能が期待できる皮脂ですが、あまりにも限度を超えて皮脂を分泌させ続けると、今度は男の顔にニキビを作る原因になります。

ニキビの原因

男の顔から皮脂が大量に分泌されると今度は空気中に存在する埃や塵を吸いつけてしまい、それが男の肌に汚れを作ってしまいます。さらに、これらの汚れが毛穴を塞ぐことで、アクネ菌が繁殖されやすい環境がつくられます。

細菌の一種であるアクネ菌は脂が多い場所に溜まる性質があります。さらに、脂質を分解することで過酸化脂質を作り出すといった特徴があります。

この過酸化脂質がニキビの症状を悪化させる要因となりますので、男がニキビを予防するためにはアクネ菌が溜まらないように日頃より余分な皮脂を洗い落とす必要があります。

男に限らず、肌への刺激が少ない水洗顔は、肌の治癒に必要不可欠な皮脂を残しつつ、ニキビの原因になる余分な皮脂だけを丁度良く洗い落とす洗顔方法であり、毎日続けることで洗顔料に頼らないナチュラルな男の美肌を取り戻すことができます。

 

男の水洗顔のやり方

いざ男が水洗顔を始めるにあたり、一体どのようなやり方で顔を洗えば良いのでしょう?

水洗顔をする際には、もしくはお湯を使用することになります。

水の温度

水洗顔をする際の温度は冷たすぎず熱すぎず、ちょうど人肌より少し低い温度として32度程度が望ましいです。

あまりにも熱すぎると男の肌に潤いを保たせるセラミド天然保湿因子までも一緒に落してしまい、乾燥肌や肌荒れの原因となるので注意が必要になります。だいたい35℃以上が熱いお湯扱いになりますので、しっかり温度は把握しましょう。

逆に水の温度が冷たすぎると、今度は男の肌を覆っている皮脂を全く落とせなくなってしまい、それはそれでニキビの繁殖を手伝うことになります。なにより皮脂が全く落とせないと不衛生で、男の顔から清潔感が失われます。

熱いと皮脂が大量に失われ、冷たすぎると皮脂が取れずに終わってしまいます。それだけに、水洗顔はぬるま湯で行うのがベストとなります。

手を清潔にし、ぬるま湯を用意したら、いよいよ水洗顔の開始です。

手順1

水洗顔をする前にまず手をよく洗いましょう。ソープでしっかり洗い、手に付着した汚れや雑菌を落とす必要があります。

特に爪が長い人は一度短く切り、爪の中に雑菌が溜まらないようにしておくと、一回の手洗いで清潔な手にすることができます。

せっかく水洗顔で顔に付着した汚れを落とすことが出来ても、手に付着した汚れや雑菌が顔に再度付着してしまっては意味がありません。そのため、水洗顔をする前の手洗いは必ずやりましょう。

手順2

水洗顔をするにあたり、両手でぬるま湯をすくったら、20回から30回ほど顔を洗ってください。

この時、できるだけ優しくぬるま湯を顔につけましょう。激しくやる必要はありません。

手順3

ぬるま湯をつけ終わったら、清潔なタオルで優しく肌から水滴を拭き取りましょう。

この時、ゴシゴシと力強く擦り付けると男の肌にダメージを与えてしまいますので、あくまで優しく拭くことを心がけてください。

水洗顔終了後の肌のケア

タオルで拭き終わったら水洗顔は終了になります。

ただし、水洗顔をしてみたものの、どうしても肌の乾燥が気になるという男性は化粧水を使い、肌質に合わせて適度に調整してみましょう。

水洗顔はいつやるのがいいのか?

水洗顔を始めることで男の顔を覆っている余計な皮脂を洗い落とさずに済み、男の肌を守ることができるのはわかったのですが、では水洗顔だけやっていれば肌は綺麗になるのでしょうか?

確かに水洗顔を続ければ、男性の肌の過剰な洗いすぎを防ぐことができます。

しかし、時には肌をしっかり洗った方が良い時もあるでしょう。特に普段メイクをしている男性の場合、水洗顔だけではメイクを落としきれません。

確実にメイクを落とすためには水洗顔だけでは力不足となりますので、男性は夜は水洗顔よりも洗顔料を使ってしっかり洗い落とした方が良いです

メイク汚れを洗い落とさずに放置すると、雑菌の繁殖を招き、やはりニキビの原因となるので注意が必要です。

たとえメイクを使用していなかったとしても、昼日中に男が外で活動すると埃や塵などのゴミが男の顔に大量に付着し、蓄積されます。汚れや皮脂の量が多くなると水洗顔のキャパシティを越えてしまうため、洗顔料を使った方が良くなります。

一方で、早朝の男の顔というのは汚れや皮脂の量が夜の顔よりも少なく、洗顔料を使うとかえって洗い過ぎてしまいます。そのような理由から、男性は水洗顔を朝のタイミングでやった方が良いです。

水洗顔のメリット

男が水洗顔を始めると、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

実は水洗顔には肌を綺麗にするだけでなく、他にも様々な効果が期待できます。

経済的なメリット

基本的に洗顔料を使用しないで済む水洗顔は、水道代だけで始められる洗顔方法になります。

それだけに、今まで沢山の洗顔料を使用していた男性ほど、節約することができるというメリットがあります。

時間的なメリット

洗顔料を使用しないで済むということは、それだけ洗顔の手間を省くことができます。

今まで忙しい朝の時間に面倒な泡立てをしていた男性も、今後はぬるま湯を優しく顔につけるだけで済みますので、面倒さが省け、時間の短縮になるでしょう。

刺激の少なさ

余計な皮脂を洗い落とす水洗顔は刺激も少なく、肌の弱い男性には特にオススメの洗顔方法になります。

今まで肌質に合った洗顔料がなかなか見つからなかったという男性も、水洗顔にすることで今後は必要最低限の洗顔料だけを用意すれば良くなります。

男の肌への負担は少なく乾燥肌を妨げ潤いを保ち健康的な肌を育てることができるなど、水洗顔には様々なメリットがあります。

 

水洗顔のデメリット

男の顔を覆っている皮脂の中でも、過剰な皮脂だけを洗い落とせるなどのメリットのある水洗顔ですが、デメリットも確かに存在します。

まず、水洗顔は刺激の少ない洗顔方法であるため、男性によってはあまり顔を洗った気分になれず、爽快感に欠けます。

感情的なデメリット

「できるだけ朝はサッパリした気分で学校に行きたい」「仕事をしたい」という男性には、やや物足りない洗顔方法です。

洗浄力の低さがもたらす弊害

単純に気分の問題だけならそれほど大きなデメリットにはなり辛いのですが、洗顔力が落ちると毛穴の奥に詰まっている古い角質やなかなか落ちにくいメイク汚れ、大量に繁殖した雑菌などを落としきれず、ニキビなどの症状の悪化を招く恐れがあります。

それだけに、男の水洗顔は朝だけに留め、夜などの雑菌が繁殖しやすい時間帯は洗顔料を使って顔を洗うなど、別の対策を講じる必要があります。

効果が出るまでの期間の長さ

水洗顔で肌を綺麗にする行為とは詰まる所、肌が綺麗な状態になるまで育つのを待つということです。

それは言ってみれば、病気の時、薬を飲んで治すのではなく、身体の免疫力を高め、自己治癒するのを待つということです。

つまり、男が水洗顔の効果で健康的な肌を取り戻すためには、非常に時間がかかるということです。

水洗顔には即効性はないため、本当に効果があるかどうかは最低でも1ヶ月から3ヶ月程度の期間、男性は待つことになります。

男性の肌質や症状次第では、1年単位で様子を見ることにもなるため、水洗顔に本当に効果があるかどうかがわかるまで、男性は根気よく待ち続けることになります。

そんな効果を発揮するまで時間がかかる水洗顔ですが、男性によっては洗顔料や化粧品の使用を止め、水洗顔に切り替えた途端に肌荒れやニキビの症状が悪化することがあります。

水洗顔の副作用

今まで出なかった症状が突然現れるため、一見するとこれは水洗顔のせいで症状が悪化したようにも見えます。

では、実態は何なのでしょう?

実は今まで洗顔料や化粧水を使用していた男性が突然止めると、その反動で肌荒れやニキビが出来るなどの症状を引き起こすことがあります。

この症状は、肌が洗顔料や化粧水を使うことに慣れてしまっている状態で、急に使用を停止するとそれがストレスになって引き起こされます。

例えるなら、今まで日本で暮らしてきた男性がいきなり英語圏で暮らすようになったらホームシックになるなど、ストレスから様々な症状を引き起こすでしょう。洗顔料の突然の停止はまさに、顔を慣れない環境に置く行為であり、それがストレスとなります。

一度洗顔料や化粧水に使うことに慣れてしまった肌が、水洗顔に慣れるようになるまでには時間がかかります。

それまでは男性は肌荒れやニキビの増加などの症状に悩まされることになりますが、一旦肌が水洗顔に慣れれば症状は緩和されます。

洗顔料を止めるタイミング

「男の肌本来が持っている健康的な綺麗さを取り戻したい」そんな時に役立つ水洗顔ですが、いざ始めてみると効果が出るまで時間がかかる上に、洗顔料の利用を止めるとそれがストレスとなって症状が悪化するなど、様々なデメリットが生じます。

男性によっては肌が痒くなりすぎて不愉快になり、イライラの原因にもなります。症状が酷い男性になりますと角質層が厚くなり、かさぶたが出来ることがあります。

そのため、水洗顔を始めるのは良いのですが、男性によってはいきなり止めない方が良いでしょう。

水洗顔は朝だけに留めつつ、夜は洗顔料で洗うなど、当初は水洗顔と洗顔料を使った洗顔とをそれぞれ使い分けると、余計なストレスを感じずに男性は水洗顔が始められます。

やがて男性の肌が水洗顔に慣れてきたら、徐々に洗顔料の使用料を減らしていくことで、やがては水洗顔へと切り替えられます。

洗顔料の使用はメイクを落とす時や、スポーツや激しい運動をして大量に汗をかいた時など、顔が汚れている日だけに限定することで、皮膚への刺激を最小限に抑え、水洗顔を通じて男性は健康的な肌を育成できます。

 

まとめ

洗顔料を使った洗顔方法から水洗顔へと切り替えることで、男性は乾燥から肌を守り、やがては健康的で潤いのある肌へと育てることができます。

綺麗な肌が出来るまで時間こそかかりますが、正しいやり方を続けることでやがて艶のある若々しい美肌が手に入るでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします。

Twitter で




記事が気に入ったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT当ブログ運営者

ko-ta

某大学に通いながら、長期インターンをやっている意識高い系大学生です。 周りと差をつけたい思いと、将来好きな仕事で食べていきたい思いで一生懸命生きています(笑) 最近は大学生の「遊ぶ」って概念がよくわかりませんww