女性に惹かれる前に!男の乾燥肌を徹底解説




乾燥肌で悩む男性は多いかと思います。赤くなったり粉がふいたり、時には皮がむけてしまったり・・・。

どんな化粧水や保湿クリームを使っても治らないという方は特につらいですよね。乾燥肌による肌荒れは症状ごとに原因も対策も異なります。

いったいどのようなことが原因で乾燥肌になってしまうのでしょうか?化粧水や保湿やクリームは効果がないのでしょうか?

この記事では、男の乾燥肌の原因と対策を徹底解説します!

大切なのは化粧水と保湿?肌荒れの原因と対策

気にする男性も多い乾燥肌の悩み。その原因は実は「皮膚の状態」にありました。そして、乾燥への対策のポイントは「肌への水分補給」「保湿すること」!それぞれ詳しく見ていきましょう。

赤み、粉、皮剥け・・・その症状の原因はこれだ!

顔から粉がふいたり、赤くなったり、皮がむけたりして男の顔を悩ませる乾燥肌。

まずはそのメカニズムを解説します。

「女性って男性の肌を見るの?」答えはYes!カサカサ肌はNG!

「そもそも女性って男性の肌を見るの?」と疑問に思う方もいるでしょう。その答えは圧倒的に「Yes」なんです。

初対面の時にいちばん目につきやすいのは顔。特に男性は、肌を手入れしている人としていない人がハッキリと分かれるため差もつきやすいです。特に乾燥でカサカサしている肌は清潔感もないように見え、嫌がられてしまいます。

「じゃあしっかりとケアしなきゃ!」と思うところですが、前項でも述べたように肌の症状は人それぞれです。

もうすでに化粧水やクリームなどでケアを行っているけれど、全然効果がないという人もいるでしょう。もしかすると、それは自分の症状に合っていないケアをしている可能性があります。しっかりと効果を実感するためにも、まずは乾燥肌の理由や症状のメカニズムを知ることが大切です。

皮膚への刺激が肌荒れを引き起こす?【赤み】が出てしまう訳

乾燥によって赤くなってしまった肌。その原因はすべて「皮膚が薄い」ことにあります。

バリアの役目を果たす皮膚が薄いということは、それだけ空気や紫外線などの外部からの刺激にさらされやすくなります。それだけでなく、日々良かれと思ってやっているスキンケアが肌に刺激を与え、症状を促進させてしまっていることもあるのです。

特にピーリング剤などは刺激が強く、もともと皮膚が薄くない人でも使い方によっては、皮膚を削ってしまい故意に薄くしている場合があるのです。そのため、薄くなった皮膚が些細な刺激でもダメージを受け赤くなっていたのです。

さらに、皮膚が薄くなることで本来は肌の奥にある角質層が空気にさらされます。すると水分が蒸発してしまい、肌は水分不足に陥ります。わかっているとは思いますが、水分不足は乾燥肌の一番の原因です。

いつも肌を包み込むように優しく洗顔していますか?もしかしてゴシゴシ洗っていませんよね?

清潔感に欠ける!【粉】の正体は皮膚だった!原因はお湯にもあり?

乾燥で肌がカサカサするだけでなく、粉までふいてしまう!そんな悩みをお持ちの方もいると思います。粉が吹くのをおさえるため、とりあえず保湿だと思ってクリームを塗ったりしていませんか?

実はそれ、粉がふいているわけではありません!

粉の正体は、細かくなって出てきた皮膚です。洗顔の際に顔をゴシゴシとこすったり、紫外線対策を怠っていたりすると皮膚が目立つようになります。このように出てきた皮膚が粉のように見えていたのです。

そして、出てきた皮膚の隙間から雑菌や紫外線が肌に入り込みやすくなり、肌が汚れやすくなるという悪循環に陥るのです。

さらに、熱いお湯を顔にかけることも乾燥肌には良くない習慣です。熱いお湯を浴びることによって、肌がもともと所持している「保湿成分」が溶け出してしまうのです。

そのため、40℃以上のシャワーを浴びたり湯船につかったりすると、乾燥肌の促進につながってしまいます。

見ていて痛い!【皮剥け】の理由は?

本人だけでなく見ている方も何だか痛い皮剥け。この原因もと同じように、「強い洗顔」「肌の角質が剥がれ落ちること」にあったのです。

肌にはターンオーバーという生まれ変わる周期があり、その周期は約28日間だと言われています。適切な洗顔やしっかりと睡眠・食事をとっていればこの周期は乱れません。

しかし強くゴシゴシと洗顔をすることにより、生まれ変わったばかりの未熟な角質が強制的に剥がれ落ちてしまいます。すると、次の角質が表面に出てきますが、この角質も本来はまだ出るべきものではなかったので未熟な状態。

当然外部の空気や刺激にも弱く肌を十分に守り切れずに、乾燥や肌荒れにつながるのです。

このように、空気の乾燥が原因と思っていた乾燥肌も、実は症状別にさまざまな理由があったのです。

カギは「水分補給」と「保湿」!原因ごとの【乾燥肌対策】

3つの症状ごとに原因もそれぞれ違うことが分かりました。ではそれぞれどのようにして対策をとれば良いのでしょうか?

肌への刺激を避けて!【赤み】をおさえる方法

元々の皮膚が薄いことで刺激に弱く、赤くなってしまう肌の症状。これは「優しい洗顔」「保湿」で改善できます。

皮膚への刺激としてあげられるのは紫外線など様々ですが、いちばんの理由として「洗顔で強くこすってしまうこと」があげられます。男性はやはり元々の力が強いこともあって、ゴシゴシとこする人が多いです。

しかし、皮膚が薄いとそれだけで角質が落ちる原因となってしまいます。そのため、優しく洗顔をすることで刺激を与えないことが大切です。

洗顔時は洗顔フォームをかなり泡立てて、ポンポンとやさしく撫でるようにして洗います。それだけでも肌への刺激はおさえられて角質も守られます。

さらに、その洗顔フォームを保湿力のあるものを使い、刺激の強いピーリング剤といったものの使用を控えることも大切です。

肌への水分補給!【粉】を化粧水でおさえよう

皮膚が出てくるの症状。これは化粧水でしっかりと水分補給したのちに保湿することが重要になります。

粉がふくのは肌が敏感な状態になっているから。そして、常に肌の水分が蒸発してしまっている状態でもあります。そこから脱出するためにもまずは肌への水分補給が重要になります。

そのあとに保湿クリームを塗り、肌に水分を閉じ込めましょう。化粧水も水分なため、蒸発しやすいです。せっかく塗ったものがなくなってしまわないように、きちんと保湿を行いましょう。

また、洗顔の際に熱いお湯ではなく、ぬるま湯で洗顔することも大切です。だいたい30℃前後が肌へのダメージが少ない温度だと言われています。ぬるま湯で洗顔することで肌の保湿成分が溶け出してしまうことを防ぎましょう。

角質を剥がれ落ちるのを防ごう!【皮剥け】予防は洗顔と保湿

剥がれ落ちる角質が皮剥けの正体。では角質が剥がれ落ちないようにすればよいのです。そのためにはソフトな洗顔保湿がカギでした。

赤みの対策と同じように、撫でるように泡立てて洗うことで肌への刺激は抑えられます。さらに洗顔の後にクリームや乳液などを塗って保湿ケアをしっかりと行いましょう。

そうやって肌の角質を守ることで皮剥けは徐々に収まっていきます。

 

まとめ

症状によって原因と対策も異なる男性の乾燥肌。自分の症状の原因は分かりましたか?どの症状も原因は肌が傷ついた状態であることにありました。

男性は強い力で洗顔してしまいがちですが、まずはそれをやさしく行ってみましょう。そして、優しい洗顔で回復した肌を化粧水で水分補給し、クリームなどでしっかりと保湿してください。

そうやって毎日正しいケアを行っていると、必ず乾燥肌は改善されます。肌のキレイな男性目指して頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね !お願いします。

Twitter で




記事が気に入ったらシェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT当ブログ運営者

ko-ta

某大学に通いながら、長期インターンをやっている意識高い系大学生です。 周りと差をつけたい思いと、将来好きな仕事で食べていきたい思いで一生懸命生きています(笑) 最近は大学生の「遊ぶ」って概念がよくわかりませんww